ニュース

米国女子ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウトの最新ゴルフニュースをお届け

荒天で36ホール競技に短縮決定 上原彩子は暫定8位

◇米国女子◇ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト 2日目(4日)◇ラスコリナスCC (テキサス州)◇6475yd(パー71)

荒天により初日が中止され、2日目も大幅にスタートが遅れた大会は、36ホール競技への短縮が決まった。第1ラウンドを終えたのはわずかで、スタートすらできない選手も多く残った。

暫定首位に立ったのは、パク・ソンヒョン(韓国)。4ホールを残して7バーディ、1ボギーの6アンダーとした。

日本から唯一出場している上原彩子は13ホールを終え、2アンダーの暫定8位とした。

関連リンク

2018年 ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~