ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/03〜05/06 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

2日間「64」のパットが課題 ウッズは48位で決勝ラウンドへ

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 2日目(4日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71)

タイガー・ウッズは通算2オーバーの48位で決勝ラウンドに進出した。イーブンパーの34位からスタートし、3ボギーをたたいて迎えた最終9番でこの日唯一のバーディを奪い「73」。なんとか決勝ラウンドに進み、多くの人々を安心させた。

打っても、打っても入らない…。ウッズは前日に続きグリーン上で苦しんだ。前半2つのボギー(11番、14番)はともに2m以内のパーパットを外した。ショットで作ったチャンスを逃し続け、後半6番(パー3)では4.5mから3パットを喫した。予選通過が気になる9番で、ようやく4mのスライスラインを読み切り、両手を広げて安堵の表情を浮かべた。

予選36ホールは64パット(この日は33パット)。「良いパットをしていれば、おそらく5アンダー、6アンダーくらいにはいるだろう。あまりに外し過ぎだ」。2007年大会を制したウッズだが、当地でプレーするのは6年ぶり。昨年の「全米プロゴルフ選手権」前には数ホールの改造と芝の張り替えが行われており、慣れるのに時間がかかっているという。

首位との差は9ストローク。「週末は良いパットが打てればいいけれど」と期待を込めた。(ノースカロライナ州シャーロット/桂川洋一)

関連リンク

2018年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~