ニュース

米国女子サムソンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 サムソンワールド選手権
期間:10/11〜10/14 場所:ビッグホーンGC(カリフォルニア州)

L.オチョア、S.ペターセンが首位を併走!宮里藍はアクシデント!

カリフォルニア州にあるビッグホーンGCで開催されている、米国女子ツアー第24戦「サムソンワールド選手権」の3日目。首位を走るロレーナ・オチョア(メキシコ)にスーザン・ペターセン(ノルウェー)が並んだ。

首位でスタートしたオチョアは前半、3連続を含む4つのバーディを奪い、独走態勢を築くかと思われたが、後半に入るとスコアを落として、この日「69」の通算12アンダー。逆に、上がり4ホールで4連続バーディを決めるなど、この日ベストの「64」を叩き出し、一気に8つスコアを伸ばしたペターセンに並ばれてしまう。先週はプレーオフにまでもつれ込んだ2人の戦いだが、今週もその再現となるのか?最終日のゴルフに注目が集まる。

<< 下に続く >>

2位タイでスタートしたアンジェラ・パーク(ブラジル)は、前半伸び悩んだが、後半に入ってスコアを伸ばし、通算11アンダー。ジャン・ジョン金美賢(ともに韓国)と並んで3位タイにつけ、初優勝へ望みをつないでいる。

前日、復活の気配を見せた宮里藍だったが、この日は2番(パー4)で「10」を叩く大アクシデント。さらに4番でもボギーを叩き、不穏な空気が流れる。ここ最近の宮里であれば、これで崩れてしまうところであったが、続く5番から連続バーディを奪って立て直し、さらに後半は3バーディ1ボギーと、スコアを伸ばす粘りを見せた。通算3オーバーの単独18位と順位は下げたが、苦しい時期を乗り越えつつあることは確かだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 サムソンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!