ニュース

米国女子NWアーカンソークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

荒天により18ホールに短縮! 非公式ながらアマチュアのS.ルイスが首位で閉幕

アーカンソー州にあるピナクルCCで開催されている、米国女子ツアー第21戦「NWアーカンソークラシック」の最終日。荒天の影響を受け続けた今大会は、最後まで天候が回復することなく、最終的には18ホールに短縮されて終了。アマチュアのステイシー・ルイスが7アンダー単独首位のまま大会を終えた。

記念すべき初代チャンピオンを巡る戦いだったが、荒天の影響により54ホールから18ホールに短縮されてしまった。そんな中、アマチュアであるルイスが7バーディ、ノーボギーという見事な内容でラウンドし、並み居る強豪プロを抑えて単独首位で大会を終えた。なお18ホールでは競技が成立しないため、今大会の成績、賞金額ともに今季のLPGAツアーの公式記録としては残らない。アマチュアのツアー制覇という快挙は、幻に終わってしまった。

上位の最終順位は、6アンダーの2位タイにテレサ・ルー(台湾)、キスティ・マクファーソン、キャサリン・ハル(オーストラリア)。首位から2打差の5アンダー5位タイには、シェリー・ターナー、ジュリー・インクスター、J.Y.パーク(韓国)の3人が続いた。この他、マリア・ヨース(スウェーデン)は4アンダー8位タイ、パット・ハーストフリエタ・グラナダ(パラグアイ)、ナタリー・ガルビスクリスティ・カー、レイチェル・へザリントンは、3アンダーの11位タイ。日本の東尾理子は、6オーバーの135位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 NWアーカンソークラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。