ニュース

米国女子セムグループ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 セムグループ選手権
期間:05/04〜05/06 場所:セダーリッジCC(オクラホマ州)

N.カストラルら4人が首位に並ぶ大混戦! 宮里藍も17位タイへ浮上

オクラホマ州にあるセダーリッジCCで開催されている、米国女子ツアー第8戦「セムグループ選手権」の2日目。ニコル・カストラル、カリン・ショーディン(スウェーデン)、ステファニー・ローデン、レイリー・ランキンの4人が通算4アンダーで首位に並ぶ大混戦となった。

なかでも3バーディ、ノーボギーと安定したプレー内容でスコアを伸ばしてきたのがランキン。スコア「68」をマークして、上位陣に追いついている。

<< 下に続く >>

通算3アンダーの5位タイには、スコアを3つ伸ばしたキム・ミー・ヒョン(韓国)とアンジェラ・スタンフォードが続き、通算2アンダーの7位タイにも、キャサリン・ハルら3人がひしめく展開。

注目選手では、ロレーナ・オチョア(メキシコ)が、通算1アンダーの10位タイ。日本の宮里藍は1バーディ、1ボギーと粘りのゴルフでスコアこそ伸ばせなかったものの、ナタリー・ガルビスらと並び、通算イーブンパーの17位タイへ浮上。ところが、ポーラ・クリーマーは1バーディ、3ボギーでスコアを2つ落として、通算1オーバーの25位タイへ後退。

ディフェンディングチャンピオンのクリスティ・カーに至っては、大きくスコアを崩し、通算9オーバーの112位タイで予選敗退。もう1人の日本人、東尾理子も通算14オーバーの134位タイで予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 セムグループ選手権

  • 2007/05/04~2007/05/06
  • 賞金総額:1,300,000US$
  • セダーリッジCC(オクラホマ州)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!