ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米女子オープン
期間:06/26〜06/29 インターラチェンCC(ミネソタ州)

19歳のI.B.パークが大会最年少優勝! 上田桃子は13位タイ

ミネソタ州にあるインターラチェンCCで開催されている、海外女子メジャー第3戦「全米女子オープン」の最終日。間もなく20歳の誕生日を迎えるインビー・パーク(韓国)が10代でメジャーを制し、大会史上最年少優勝の快挙を成し遂げている。

連日、目まぐるしくトップが入れ替わった今大会。最終日は上位陣総崩れとなった中、最後に笑ったのは19歳の新鋭だった。首位と2打差の3位タイからスタートしたパークは、前半2バーディ、2ボギーで折り返す。後半は13番までに2つのバーディを奪うと、次々とスコアを落としていく上位陣を抜き、この時点で独走状態に。優勝がほぼ確定した状況で迎えた最終18番もしっかりとバーディで締めくくり、2位に4打差をつける通算9アンダーでフィニッシュした。昨年は、ルーキーイヤーながらこの大会を4位タイでフィニッシュしていたパーク。メジャー第2戦「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」を制したヤニ・ツェン(台湾)に続き、再び10代がメジャータイトルを手にした。

単独2位につけたのはヘレン・アルフレッドソン(スウェーデン)。逆転優勝を狙ったが、前半で3つスコアを落とし脱落。後半は1つスコアを戻すに止まり通算5アンダー。新ヒロインの誕生をアシストする結果となった。通算4アンダーの3位タイには、首位からスタートしたステーシー・ルイス、キム・インキュン、アンジェラ・パーク(共に韓国)の3人が並んだ。

注目の日本勢の結果は、通算イーブンパーの13位タイで終えた上田桃子が最上位。少しでも上位に近づきたかった上田だったが、10番までに4つスコアを落としてしまう。しかし、ラスト5ホールで3バーディを奪い、次につながる戦いを見せてくれた。上田は、来年度大会の出場権(20位タイ以内が条件)を獲得している。宮里藍も同じく前半でスコアをキープできず後退。通算4オーバーまでスコアを落とし、27位タイでフィニッシュした。横峯さくらは、2度のダブルボギーを叩き、通算8オーバー。51位タイで大会を終えている。

若手の躍進著しい今季のアメリカ女子ツアー。今後も新たなヒロインが生まれる可能性は高いだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。