ニュース

米国女子セーフウェイインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 セーフウェイインターナショナル
期間:03/27〜03/30 スーパースティションマウンテンG&CC(アリゾナ州)

L.オチョアが首位を猛追! 日本勢は明暗が分かれる

アリゾナ州にあるスーパースティションマウンテンG&CCで開催されている、2008年の米国女子ツアー第5戦「セーフウェイインターナショナル」の2日目。ロレーナ・オチョア(メキシコ)が首位を走るアンジェラ・スタンフォードに迫っている。

初日、驚異的なスコアで首位に立ったスタンフォード。この日も3連続バーディを奪うロケットスタートを切る。2日連続の大躍進を予感させたが、中盤は折り返しを挟んだ5ホールで3ボギーを叩き失速。その後は再び盛り返して通算13アンダーとし、単独首位はキープしている。

首位から3打差でスタートしたオチョアは、6バーディ、1ボギーでラウンド。2日連続で安定した内容のプレーで通算12アンダーとし、首位に1打差に迫っている。続く通算10アンダーの単独3位にはJ.Y.リー(韓国)。通算8アンダーの4位タイにはアニカ・ソレンスタムらが続いている。

54位タイからスタートした宮里藍は、インの前半を1バーディ、1ボギーで折り返す。予選通過ラインを見据えながらのプレーが続いたが、後半の6番パー4で起死回生のイーグルを奪い、通算1アンダーでフィニッシュ。54位タイで予選突破を果たした。上田桃子は1つスコアを伸ばしたが、初日の出遅れが響き、通算2オーバーの94位タイ。今シーズン初となる予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 セーフウェイインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。