ニュース

米国女子ソルハイムカップの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ソルハイムカップ
期間:09/18〜09/20 ザンクト・レオンロートGC(ドイツ)

圧巻の5連勝締め! 米国選抜が4ポイント差を跳ね返し逆転勝利

◇米国女子◇ソルハイムカップ 最終日◇ザンクト・レオンロートGC(ドイツ)◇6535yd(パー72)

欧州選抜10ポイント、米国選抜6ポイントで迎えた最終日はシングルス戦によるマッチプレー12試合が行われ、4ポイントを追う米国選抜が8勝3敗1引き分けで8.5ポイントを加算。通算成績を14.5対13.5とし、逆転で3大会ぶりの勝利を飾った。

第1試合のレクシー・トンプソン対カルロタ・シガンダ(スペイン)はオールスクエア。米国選抜は2組目のモーガン・プレッセルが先勝すると、5組目のアリソン・リー、6組目のジェリーナ・ピラーが連勝し、前半戦で3勝を挙げる。

一方、逃げ切りを図る欧州勢も3組目のカリン・イシェール(フランス)、4組目のメリッサ・リード(イングランド)、7組目のアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が勝利し、7戦終了時で3勝3敗1引き分けと互角の戦いを繰り広げる。

均衡が破れたのは第8試合からだ。米国選抜のリゼット・サラスが3&1でアサハラ・ムニョス(スペイン)を破ると、続く9組目のアンジェラ・スタンフォードが2&1、10組目のクリスティ・カーが3&2、11組目のミッシェル・ウィが6&4とし、ついに欧州選抜をとらえる4連勝。

そして同ポイントで迎えた最終12組目では、猛追の勢いそのままに米国選抜のポーラ・クリーマーサンドラ・ガル(ドイツ)を4&3で破り、破竹の5連勝で逆転勝利を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ソルハイムカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。