2018/08/17インディ女子インテック選手権

畑岡奈紗が2打差2位発進 単独首位にリゼット・サラス

、ノーボギーの「62」で10アンダーとしたリゼットサラス。4年ぶりのツアー2勝目に好発進を切った。7アンダー4位にダニエル・カン、コ・ジンヨン(韓国)ら4人が並んだ。 5週ぶりとなる復帰戦で大会連覇を狙う
2018/08/19インディ女子インテック選手権

畑岡奈紗は6打差5位 L.サラスが首位をキープ

により、第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われ、第3ラウンドを首位から出たリゼットサラスが、8バーディ、ノーボギーの「64」をマークし、通算21アンダーとして首位をキープした。 2打差の19アンダー2
2018/03/25キア・クラシック

リゼット・サラスら3人首位 畑岡奈紗は40位に浮上

◇米国女子◇キア・クラシック 3日目(24日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6558yd(パー72) 通算11アンダーとしたリゼットサラス、チ・ウンヒ(韓国)、キム・インキョン(韓国)の3
2019/10/17富士通レディース

アマチュア吉田優利 プロテスト前の最後の一戦へ

振り返る。 渋野の全英優勝はテレビで見ていた。「(首位で並んでいた)リゼットサラスが1mを外してしまったのも、運を持っているなと思った。(最終18番で)自分の位置を分かった上であの距離を決めてくるのは
2019/09/26インディ女子インテック選手権

優勝者は牛乳で祝福 「インディ500」隣接コースに横峯ら登場

2017年大会では、レキシー・トンプソンが初代女王に輝いた。昨年大会から72ホールに拡大され、パク・ソンヒョン(韓国)が通算23アンダーで並んだリゼットサラスとのプレーオフを制した。 優勝者は「インディ
2019/09/16ソルハイムカップ

欧州選抜が勝利 米国選抜は3連覇ならず

大きく動く。第7マッチのリゼットサラスからジェシカ・コルダ、ブリタニー・オルトメアまで3連勝を飾り米国が主導権をつかんだが、直後から欧州が反撃に転じた。 第10マッチのスーザン・ペターセン(ノルウェー
2019/09/15ソルハイムカップ

米国選抜が1ポイント差を追いつく 同点で最終日へ

ブリタニー・オルトメアとマリナ・アレックス、リゼットサラスとダニエル・カンのペアが勝利。米国が2勝1分1敗として2.5ポイントを加算し、1ポイント差を追いついた。 最終日はシングルスマッチプレー12試合を行い、3日間の総合ポイントで優勝を決する。
2019/08/26カナディアンパシフィック女子オープン

コ・ジンヨンが今季4勝目 畑岡奈紗は5位

)とリゼットサラスが19アンダーの3位に続いた。 畑岡奈紗は1イーグル4バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算16アンダーの5位でカルロタ・シガンダ(スペイン)と並んだ。 横峯さくらは通算11アンダーの20位、上原彩子は4アンダーの54位で終えた。
2019/08/03AIG全英女子オープン

【速報】渋野日向子は単独首位でホールアウト

伸ばし、首位タイで後半に入った。 「67」でホールアウトしたリゼットサラス、10番まで終えたパク・ソンヒョン(韓国)、8ホールを消化したチャーリー・ハル(イングランド)が並んでいる。 ブロンテ・ロー
2019/02/22ホンダLPGA

ジェニー・シンが首位浮上 上原彩子は16位で週末へ

の単独首位に浮上した。最終18番(パー5)で3mのバーディパットを沈め、混戦の上位グループから一歩抜け出した。 通算10アンダーの2位にミンジー・リー(オーストラリア)、チ・ウンヒ(韓国)、リゼット
2018/10/18ビュイックLPGA上海

アリヤ・ジュタヌガンが首位スタート 横峯さくらが18位

、中国・上海での新規大会で首位スタートを決めた。 1打差の2位タイにキム・セヨン(韓国)とダニエル・カン。さらに1打差の4アンダー4位タイにミンジー・リー(オーストラリア)、リゼットサラス、ポーラ
2018/08/20インディ女子インテック選手権

パク・ソンヒョンが今季3勝目 畑岡奈紗は7位

・ソンヒョン(韓国)が通算23アンダーとして、首位で出たリゼットサラスをとらえ、プレーオフに突入した。1ホール目でパクがバーディを奪い、サラスを振り切って今季3勝目を挙げた。 通算22アンダーの3位