ニュース

米国女子ウェグマンズLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ウェグマンズLPGA
期間:06/25〜06/28 場所:ローカストヒルCC(ニューヨーク州)

申智愛が7打差で圧勝!宮里美香が4位タイと健闘、宮里藍は15位タイ

ニューヨーク州にあるローカストヒルCCで開催されている、米国女子ツアー第13戦「ウェグマンズLPGA」の最終日。申智愛(韓国)が通算17アンダーとして、今季2勝目を挙げている。

2位に4ストロークの差をつけて最終日を迎えた申智愛。この日は全体的にスコアメイクに苦しむ選手が多く、申智愛もその一人に数えられていた。しかしながら、優勝争いの相手となっていたモーガン・プレッセルは後半に入って大きく崩れ、後半は完全に一人旅。その状況でも集中力を切らさず、スコアを1つ伸ばしたのは、やはり力のある証拠。新女王候補としての実力を十二分に発揮しての今季2勝目となった。

<< 下に続く >>

通算10アンダー、2位タイに食い込んだのは、クリスティ・マクファーソンとヤニ・ツェン(台湾)の2人。ともに21位タイからスタートし、競うようにスコアを伸ばしてこの日のベストスコアタイとなる「66」をマーク。申智愛には大きくスコアをあけられたが、最終日に大会を大きく盛り上げた。

そして、注目の日本勢。7位タイで最終日を迎えた宮里美香は、上位が伸び悩む中、パーセーブを続ける。7、8番では連続バーディをマークし通算10アンダーとすると、その後も再びしっかりとパーをマーク。最終18番でボギーを叩き、通算9アンダーで終えたが、ステーシー・ルイスらと並び4位タイと大健闘。今季3度目となるトップ10フィニッシュを果たした。宮里藍も我慢のゴルフを展開。前半、1バーディをマークして折り返したが、後半16番でボギーを叩き振り出しに。しかし、直後の17番でバーディを奪い返し、通算6アンダー、15位タイでホールアウト。6戦連続トップ20フィニッシュとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ウェグマンズLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!