ニュース

米国女子カナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

A.ソレンスタムが3ヵ月ぶり、シーズン6勝目をあげた

カナディアン女子オープン最終日はA.ソレンスタムの独走状態となった。スタートの1番ホールでバーディを奪ったソレンスタムは前半で3つ、後半に入っても13番から連続バーディを奪い18アンダーまで伸ばした。ソレンスタムと同じ首位でスタートしたK.ロビンスはボギーが先行し、12番で2つ目のボギーを叩きソレンスタムとの差は6つになってしまった。

しかし、終盤になって気が緩んだのかソレンスタムがミスを連発。17、18番で連続ボギーを叩いた。一時は完全に突き放されたロビンスが15番から3つのバーディを奪い、ソレンスタムに2打差まで迫ったが追いつくことはできなかった。

ソレンスタムは5月のチックフィルA チャリティ選手権でシーズン5勝目をあげてからはスランプとも思えるゴルフが続いていたが、先週2位に入るなど調子を戻してきていた。全英女子オープンで朴セリに賞金首位の座を奪われたが、先週すぐに抜き返し、この優勝でリードを広げた。

現在賞金女王争い2位の朴セリは、初日首位タイと絶好のスタートを切ったが、2日目につまずいた。しかし最終日の後半はバーディを4つ奪うチャージで12アンダー3位タイにくい込んだ。
そして、この試合韓国勢の活躍に負けじと日本の小林浩美がスコアを伸ばした。2日目こそ75とスコアを崩したが、残り3日は全て60台をマーク。最終日も68で通算9アンダー、金美賢と並び7位タイに入る活躍を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 カナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。