ニュース

米国女子チャンピオンズクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2人のウェンディがプレーオフへ。勝ったのはW.ドーラン。

米国女子ツアー「LPGAチャンピオンズ クラシック」は予定されていた初日のラウンドが雷雨のため中止となり、2日間36ホールの短期決戦となった。迎えた最終日は各選手スコアを伸ばし混戦模様となった。

最終日をトップで迎えたW.ウォードは、初日ほどの勢いはなかったが、4バーディ、ノーボギーと確実にスコアを伸ばし12アンダーでフィニッシュ。

このウォードを上回る好スコアを出したのは、9位からスタートした4人。M.ヨース、B.ダニエルは7つスコアを伸ばし11アンダーの3位タイに。J.ムーディも6つ伸ばし5位に浮上。さらに、W.ドーランは8バーディ、ノーボギーで12アンダー、W.ウォードに並んだ。
W.ウォード(米国)とW.ドーラン(豪州)、ファストネームは共に「ウェンディ」。この2人のよるプレーオフとなった。

1番ホールから行われ、2ホール目のパー3は互いにボギー。しかし、次の3番パー5では2人とも本戦の2日間でバーディすら奪えなかったのだが、揃ってイーグルを奪った。そして5ホール目のパー4でドーランがバーディを奪い決着がついた。

初日3アンダー20位とスタートダッシュをかけられなかったA.ソレンスタムは、最終日に66をマークしたが優勝争いには加われず、9アンダー7位タイで終了した。K.ウェブは6アンダーの15位、福嶋晃子は4アンダー26位。小林浩美は2日間ともイーブンパーで62位だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 チャンピオンズクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。