ニュース

米国女子ウェルチ・サークルK選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ウェルチ・サークルK選手権
期間:03/08〜03/11 ランドルフノースGC(アリゾナ州)

A.ソレンスタムが手堅くスコアを伸ばし、今シーズン1勝目を挙げた。

3日目にトップに立ったA.ソレンスタムが、マイペースにスコアを伸ばし23アンダーで今シーズンの1勝目を手にした。初日から7アンダーの好スタートを切ったソレンスタムは、4日間崩れることがなかった。15番ホールでは4日間ともバーディを取るという責めどころを抑え、さらには4日間でボギーを出したのは2日目の1ホールだけ。ソレンスタムらしい堅実なゴルフが、2位以下に6打差を付ける結果を生み出した。

初日、2日目と首位をキープしていた若手のJ.ハンナは、最終日にスコアを崩し9アンダーの21位タイまで後退してしまった。
日本の福嶋晃子は一つしかスコアを伸ばせず、8アンダーで27位に。小林浩美は2つ伸ばしたが、3アンダーで58位で終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ウェルチ・サークルK選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。