ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ステートファームクラシック
期間:08/29〜09/01 場所:ザ・レールGC(イリノイ州)

今年もツアー初優勝者が生まれた!

米国女子ツアー「ステートファームクラシック」最終日。フランスのP.M.レボークが18アンダーで米女子ツアー初優勝を飾った。

トップタイでスタートしたレボークは、会心のボギーフリーラウンドで前半に3つ、後半に2つスコアを伸ばし、並み居る強豪を押しのけ見事勝利を手にした。

<< 下に続く >>

「リラックスしてプレーできたし、素晴らしい1日となった。欧州ツアーでも優勝してるけど、この優勝は、それとは違う想いがある。3日目はひどく緊張してスコアを伸ばすことが出来なかったから、昨晩はコーチに相談した。『初日は8アンダー、2日目は5アンダー、3日目はイーブンパー。このまま行けば、最終日はオーバーパーを叩くんじゃないか』って不安になって、そのことを話したら、『3日目は、首位でスタートしたプレッシャーを克服してイーブンパーにまとめられた。それだけでも素晴らしいことなのに、何を悩んでいるの?』と言われて吹っ切れた。ゴルフにおいて、メンタル面がどれだけ重要かということを学べた」

2位には朴セリ金美賢の韓国コンビが入った。金は前半に4つスコアを伸ばしトップに立ったが、終盤にボギーを叩いたのが響いた。上がりの16番から3ホール連続でバンカーにつかまる不運に見舞われ、18番では遂にボギーを叩いてしまった。

金美賢
「今日の目標は4アンダーだった。トータル17アンダーなら勝てると思ったけど、レボークはその上を行く良いプレーをしていた。3日目と比べて、レボークはプレーする姿が自信に満ち溢れていて、驚くほど落ち着いていた。18番のバンカーは、砂が薄いのでトップしてしまう。3日目に(福嶋)晃子が同じ状況でダブルボギーを叩いていたし、あそこだけ砂の量が違うというのはアンフェア。全体的に、バンカーの砂の量が極端に違うので、コース設定に対しては憤りを感じている」

日本の福嶋晃子は、この日スコアを1つ落とし、トータル10アンダーで12位タイフィニッシュとなった。3日目最終ホールのダブルボギーを引きずっているのか、安定さを欠いたプレーで最後までリズムをつかむことができなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!