ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ステートファームクラシック
期間:07/17〜07/20 パンサークリークCC(イリノイ州)

ウィ、サイン忘れで天国から地獄へ

2008/07/20 10:15


ミッシェル・ウィがまたやった。米国女子ツアー第20戦「ステートファームクラシック」3日目、2日目を終えて首位と1打差の2位タイにつけていたウィは、3日目の競技終了後、前日のスコアカードへのサインに違反があったことが判明し、競技失格の裁定を受けた。

「とても不運。自分に何が起こったのか、分からない。普通、私は一番初めにサインをする。でも、私はスコアカードへのサインを忘れてしまった。不運にも、私はトーナメントエリアを離れてしまい、何人かのスコアラーが追いかけてきたので、それにサインをして返した。それで、問題ないだろうと思っていた」とウィ。

通常、スコアカードを記載するエリアは、ロープや白線などで区切られているが、今大会でそのような区切りはなく、ルールにより、スコアリングテントがその境界と見なされた。

LPGAがこの違反を知ったのは、大会3日目にウィがスタートした後だったという。LGPAはウィに事実確認の機会を与えるため、3日目のプレーを継続させ、ホールアウト後に本人に確認。その上で、失格の裁定を下した。

ウィは3日目を「67」で回り、通算17アンダー。首位と1打差につけていた。「これは私のミス。なぜ、どうしてこんな事が起きたのか分からないけど、ただサインを忘れてしまった。とても不運な事だけど、2度とこのような事が起きないことを祈るわ。良い勉強になった」とウィ。最後に会見場に現れたウィは、目にうっすらと涙を浮かべていたという。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。