ニュース

米国女子ウェンディーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ウェンディーズ選手権
期間:08/02〜08/04 タータンフィールズGC(オハイオ州)

金美賢が予告どおり優勝!今週も韓国勢が1、2フィニッシュ!!

米国女子ツアー「ウェンディーズ選手権」最終日。2日目に首位に立った金美賢が、スコアを1つ落としたものの、追いすがる後続を何とか振り切り今季2勝目を挙げた。

金は出だしでいきなりボギーを叩き、混戦を予感させるスタートとなったが、前半3つあるパー5のうちバーディを2つ奪って首位をキープ。10番で、この日3つ目のバーディを奪い10アンダーまで伸ばした。しかし、その後はパーセーブの繰り返しで我慢が続いた。チャンスが訪れないまま嫌なムードで迎えた17番パー3でダブルボギーを叩き、この時点で同じ最終組のH.W.ハンとは1打差となってしまった。

ハンも我慢のゴルフが続いたが、決定的なチャンスを作ることが出来ず、最終ホールを同じくパーで上がった金との1ストローク差を、最後まで縮めることができなかった。

「オハイオは大好き。この土地に来ると何故か自信がわく」という金は、先々週オハイオで開催されたジャイアントイーグルクラシックでも勝利している。とにかく相性が良いらしい。

2週連続で惜しくも2位フィニッシュしたハンだが、2回とも同郷のライバルに敗れての2位となってしまった。昨年はマンデー予選に11回挑戦し、7回通過。そしてトップ20で4回フィニッシュした活躍で新人王に輝いた逸材だ。ツアー未勝利だが、この勢いがあれば優勝も時間の問題だろう。

また中盤で試合を盛り上げたのが、台湾出身のC.クン。12番までに1イーグル、2バーディを奪い、7アンダーで2位まで浮上した。上がりの3ホールでボギー2つと、ダブルボギーを叩いてしまい、結局3アンダーで7位タイフィニッシュとなったものの、これで今季2回目のトップ10入りを果たした。

日本勢は、片野志保が5オーバー、41位タイ。小俣奈三香が12オーバー、70位タイでフィニッシュ。韓国勢に続き、台湾勢も台頭してきた。そろそろ日本勢にも頑張ってもらいたい。

関連リンク

2002年 ウェンディーズ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~