ニュース

米国女子ジャイアントイーグルLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ジャイアントイーグルLPGAクラシック
期間:07/19〜07/21 場所:スコークリークCC(オハイオ州)

K.ロビンスが12アンダーで単独首位。1打差で金美賢が追う

米国女子ツアー「ジャイアントイーグルLPGAクラシック」の第2ラウンド。初日に64をマークして首位タイの好スタートをきったケリー・ロビンスが、4ストローク伸ばし、12アンダーで単独首位に立った。

初日イーグルを奪った5、8番のパー5で確実にバーディを奪い、そして6番でも前日同様ボギーをたたいた。ゴルフそのもののリズムは安定しており、前日と違う点は連続バーディがなかったことぐらいだ。

<< 下に続く >>

ロビンスの背後をピタリとマークしているのは、韓国の金美賢。1番ホールからスタートした金は、7バーディを奪った初日を上回るペースでバーディを重ねた。前半だけで4バーディ、どこまで伸ばすか注目されたが、12番パー3で今大会初めてのボギーを叩き勢いが止まってしまった。明日、最終日は再びバーディラッシュで逆転優勝を狙う。

3位は9アンダーのDa.アマカパーネとB.ベーダーの2人。この日1ストロークしか伸ばせなかったベーダーだが、初日の貯金が大きかったため、首位とは3打差。まだまだ、諦める差ではない。

日本勢は小俣奈三香が4アンダーの20位で健闘している。初日3アンダー15位と好スタートをきり、この日はバーディも奪うが2番、そして16番ホールから2度の連続ボギーを叩いてしまった。途中順位を大きく下げたが、終盤の連続バーディで20位まで戻すことができた。

イーブンパーの61位から伸ばしたきたのは小林浩美だった。多くの選手がボギーを叩いたが、小林はノーボギーでしのいだ。スコアを3つ伸ばし33位に浮上。韓国の朴セリと並んでいる。

また、初日大きく出遅れた中島真弓片野志保は、スコアを伸ばすことができず予選落ち。通算イーブンパーの65位タイまで、78名が決勝ラウンド進出を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ジャイアントイーグルLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!