ニュース

米国女子アサヒ緑健オーガスタインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 アサヒ緑健オーガスタインターナショナル
期間:05/16〜05/19 マウントビレッジ プランテーションGC(サウスカロライナ州)

半分の選手は明日に持ち越し、J.ムーディが11アンダーで首位をキープ

米国女子ツアー「アサヒ緑健インターナショナル選手権」の3日目は雨のため進行が大幅に遅れた。そして、ホールアウトできたのは36名、決勝ラウンドに残った半分の選手は明日残りのラウンドを行うことになった。

2日目に単独首位に立ったJ.ムーディは13番ホールを終えて3ストローク伸ばし11アンダーで首位をキープしている。そのムーディを追うのは3打差でL.デービース。ムーディと同じ最終組のデービースは2つしか伸ばせず、スタート時よりも差が広がっている。

3位は7アンダーのC.マシューグレース朴。1アンダー13位からスタートしたマシューが、3番ホールから4連続バーディを奪うなど15番を終えて7つのバーディを量産、猛チャージをかけてきた。

そして6アンダー5位にはA.ソレンスタムも順位を上げてきている。初日イーブンパーと伸び悩んだソレンスタムだが、2日目に2つ伸ばし、3日目は14番を終了し4バーディ、ノーボギーと確実に伸ばしてきた。

今週日本勢が6人出場し、その内3人が決勝ラウンドに進出した。そのトップに立つのは中島真弓だが、スタートを連続ボギーでつまづいてしまった。しかし、そのまま崩れることはなく16番ホールまでにスタート時のイーブンパーに戻し20位につけている。

2番手は片野志保。早めのスタートとなった片野は4バーディ、5ボギーと出入りの激しいゴルフでホールアウトした。スコアを1つ落とし5オーバーになっているが、暫定の順位は54位と少し上げている。

そして5オーバー58位からスタートした小林浩美は14番でバーディを奪い、ボギーは3つにとどめた。7オーバーで59位となっている。

関連リンク

2002年 アサヒ緑健オーガスタインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~