ニュース

米国女子クラフトナビスコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 クラフトナビスコ選手権
期間:03/28〜03/31 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

L.ノイマンがスコアを伸ばし5アンダーで首位をキープ

米国女子ツアーは今シーズンのメジャートーナメント第1戦「クラフト ナビスコ選手権」は、コースセッティングが難しく選手はパーをセーブするのがやっと。2日目を終了してアンダーは5人しかいない状況になった。

そして、5アンダーの単独首位に初日3アンダーをマークしたL.ノイマンがいる。14番ホールでこの大会初めてのボギーを叩いたが、前日と同じ3つのバーディでスコアを伸ばした。前日とは異なりバーディ3つはすべてパー5のホールだった。

<< 下に続く >>

2打差の2位には3アンダーのR.ジョーンズ、B.ダニエル、そしてA.ソレンスタムの3人が並んでいる。ソレンスタムは連覇に向け好位置をキープした。

そして、1オーバー9にK.ウェッブと朴セリが浮上してきた。ウェッブは初日にスコアを崩したインコースでスコアを伸ばした。朴も初日インコースでボギーを1つ叩いたがこの日はスコアを1つ伸ばした。

初日1オーバー14位とまずまずのスタートをきった福嶋晃子は、4番ホールから4連続でボギーを叩くなどスコアを崩した。通算5オーバーで45位まで後退してしまった。

福嶋以外の日本勢は初日出遅れてしまった。小林浩美と不動裕理はともに9オーバーまでスコアを落とし67位まで順位を下げたが、かろうじて予選は通過した。

しかし、初日83を叩き大きく出遅れた天沼知恵子はこの日もスコアを伸ばせず予選落ちになってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 クラフトナビスコ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!