ニュース

米国女子ウェルチ・サークルK選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ウェルチ・サークルK選手権
期間:03/21〜03/24 ランドルフノースGC(アリゾナ州)

2位につけていたL.ディアスが18アンダーで逆転優勝

米国女子ツアーの第3戦「ウェルチ・サークルK選手権」は、初日9位から徐々に順位を上げたL.ディアスが、最終日最終ホールでバーディを奪いJ.インクスターを交わして優勝を決めた。

初日、2日目と67で回りスコアを伸ばしたディアスは、3日目も68、4つ伸ばして首位と2打差につけていた。そして最終日は出足から2連続ボギーで脱落したかに思われたが、。3番から3連続バーディで息を吹き返すと、後半も3つのバーディを奪った。

2日目に64をマークし単独首位に立っていたインクスターは、バーディを奪うが直後にボギーを叩く波に乗れない状態だった。この日1つしか伸ばせず単独2位。

3位にはK.ロビンスとグレース朴。7アンダー19位からスタートした朴は、前半3つ伸ばし後半にも1イーグルを含む4バーディ。8ストローク伸ばしてきた。今大会は日替わりでスコアを伸ばす選手が現れた。

2日目にはインクスターに続き、日本も福嶋晃子も65をマークした。しかし、最終日の福嶋は2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせず19位まで後退してしまった。

ディフェンディングチャンピオンのA.ソレンスタムは、初日出遅れたがその後スコアを伸ばし最終日を4位で迎えた。逆転も可能な位置にいたのだが、2つしかスコアを伸ばせず、逆に順位を7位まで落とした。

そのソレンスタムを背後から追っていたK.ウェッブは、3日目の後半からエンジンがかかり、この日は7バーディ、2ボギーとチャージをかけてきた。通算14アンダーは5位タイ。来週以降の試合につながるフィニッシュをした。

関連リンク

2002年 ウェルチ・サークルK選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~