ニュース

米国女子LPGAハナバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ペターセンが無傷の9アンダーで首位発進!藍は3位

◇米国女子◇LPGAハナバンク選手権初日◇スカイ72GC(韓国)◇6,364ヤード(パー72)

開幕前日までの風と寒さは一変。「LPGAハナバンク選手権」の大会初日は、風も穏やかで、青空から強い陽射しが照りつけ半袖でも暑いほどの陽気。絶好のゴルフ日和となった。

<< 下に続く >>

その初日にスコアを伸ばしたのはノルウェーのスーザン・ペターセン。今年はまだ優勝の無いペターセンだが、10番から出ると、スタートホールから怒涛のバーディラッシュ。インで6つのバーディを獲って折り返すと、後半もさらに3つスコアを伸ばしてボギーは無し。通算9アンダー「63」という好スタートを切った。

2位に続くのは、同じくノーボギーで8アンダーをマークしたスウェーデンのカリン・ショーディン。そして、3位タイには、今週日本人としてただ一人出場している宮里藍と、アサハラ・ムニョス(スペイン)、リュー・ソヨン(韓国)、キム・ハヌル(韓国)、ムン・ヒュンヒ(韓国)の5選手が続いている。

ディフェンディングチャンピオンのヤニ・ツェン(台湾)は1イーグルを含む5アンダーで単独8位。また、今週がプロデビュー戦のキム・ヒョージュ(韓国)は、4バーディ、ノーボギーの4アンダー、9位タイと上位で初日を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 LPGAハナバンク選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!