ニュース

米国女子ウェグマンズLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ
期間:06/23〜06/26 ローキャストヒルCC(ニューヨーク州)

ヤニ・ツェンが暫定首位発進!宮里藍は出遅れ

今季の米国女子メジャー第2戦「ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ」が23日(木)、米国ニューヨーク州のローキャストヒルCCで開幕。日中の雷雨の影響で21時12分に日没サスペンデッドとなり、6人の選手がホールアウトできない中、台湾のヤニ・ツェンが「66」をマークして6アンダーの暫定単独首位でスタートした。

1打差の暫定2位にはポーラ・クリーマー。さらに1打差の4アンダー暫定3位タイにはアンジェラ・スタンフォードミーナ・リー(韓国)、ステーシー・プラマナスド、ダイアナ・ダレッシオが並んでいる。メジャー初戦の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」を制したステーシー・ルイスは3アンダーの暫定7位タイとまずまずのスタートを切っている。

日本勢は出場5選手がホールアウト。宮里美香上田桃子が「72」でイーブンパーの暫定33位タイで初日を終了。今大会がメジャー初挑戦となる野村敏京は「74」で2オーバーの暫定76位タイ。宮里藍は「75」で3オーバーの暫定98位タイ。有村智恵は2番から3連続ダブルボギーをたたくなど苦しみ「78」の6オーバーの暫定136位タイと大きく出遅れた。

<世界ランクトップのヤニ・ツェンが初日から実力を発揮>

米国女子ツアーのタレントが多く上位に位置した初日。リーダーズボードの一番上に名前を載せたのは、世界ランク1位をキープ中のヤニ・ツェンだった。1番からの前半9ホールで5つのバーディを奪ってロケットスタート。後半は2つのボギーをたたくが、最終18番ではティショットを右サイドの深いラフへ落しながら、第2打でピンそば1.5メートルにつけてバーディフィニッシュ。2週前の「LPGAステートファームクラシック」からの2連勝、そして今季3勝目、メジャー通算4勝目へ向け視界良好だ。

<ノーボギーラウンドのP.クリーマーが1打差2位>

トップのヤニを1打差で追うのはポーラ・クリーマー。1番からスタートすると、2番から3連続バーディを奪って流れをつかんだ。5バーディ、ノーボギーの「67」。ショットが好調でパー3を除く14ホール中、10ホールでフェアウェイをキープ。また、15ホールでパーオンするなど安定感抜群のプレーを展開し「良いスタートが切れて満足している。ショットの調子もいいし、グリーンではパットのラインが良く見える。とてもハードに練習してきたから、その成果が現れて嬉しい」と笑顔を見せた。

<メジャー連勝を狙うS.ルイスも好位置に>

4月の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」でツアー初優勝をメジャー大会で飾ったステーシー・ルイスが初日を終えて3アンダーの暫定7位タイにつけている。5バーディ、2ボギーの「69」でホールアウト。4つのパー5のうち3ホールでバーディを奪い、着実にスコアを伸ばした。「クラフト―」では最終日にトップのヤニ・ツェンから2打差の2位でスタートし見事逆転優勝。今大会も残り3日でヤニをとらえることができるだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。