ニュース

米国女子ザ・ミッチェルカンパニー トーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

ドノフリオが猛チャージをかけて首位奪取!

アラバマ州にあるロバートトレントジョーンズGTで行われている、米国女子ツアー第31戦「ザ・ミッチェルカンパニートーナメントofチャンピオンズ」の3日目。この日好スコアが続出し上位陣に大きな変動が見られた。

通称ムービングデイといわれるこの日。8バーディを奪う猛チャージで首位奪取に成功したのは、ヘザー・デーリー・ドノフリオだ。前半で4連続バーディを奪うなど、5つスコアを伸ばしたドノフリオは、後半も勢いは止まらず通算17アンダーまで伸ばし、2位以下に3打差をつけ明日最終日を迎える。

<< 下に続く >>

14アンダーの2位には、ソフィー・グスタフソン(スウェーデン)がつけている。前半で4連続バーディ、後半で3連続バーディとかため打ちをし、好スコア「65」をマークした。また、13アンダーの3位タイに、キャンディ・クン(台湾)、カレン・スタップルズがともにスコア「64」を叩き出して追走している。

一方、首位スタートのローラ・ディアスは、出入りの激しいゴルフを展開し、スコアを1つしか伸ばせず通算12アンダーの5位に後退。この大会で年間バーディ数408個の記録を更新したロレーナ・オチョアは、この日3つのバーディを追加し416個に伸ばし、通算9アンダーの6位につけた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ザ・ミッチェルカンパニー トーナメントofチャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!