ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/25〜03/28 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

どうしたアニカ!? 年間グランドスラムが早くもピンチ!

カリフォルニア州のランチョミラージュにあるミッションヒルズCCで開催されている、米国女子ツアー第3戦「クラフトナビスコ選手権」。風が吹き、コースの難易度はさらにアップ。メジャーにふさわしいコースセッティングになってきた。あとはメジャーにふさわしい顔ぶれだが、大本命のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)を除いては、実力者が上位に顔を連ねている。

2日目を終えて首位に立ったのは、6アンダーのドッディ・ペッパーとJ.Y.リー(韓国)の2人。スコアを崩す選手が多い中、2人は順調にスコアを伸ばしている。そして、1打差の5アンダー3位にはカリー・ウェブ(オーストラリア)とウェンディ・ドゥーランが並んでいる。メジャーに強いウェブが好位置につけた。

<< 下に続く >>

注目の14歳ミッシェル・ウィは、3バーディ、3ボギー。強風にも負けず3アンダーをキープし7位タイ。昨年の大会は最終日にアニカと同じ最終組でラウンドしたが、今年もここから伸ばしてくるのか注目だ。

そして大本命のアニカだが、ティショットを曲げパーセーブするのがやっとという状況が多かった。この日だけで4ストローク落とし通算3オーバー、首位とは9打差の37位と低迷している。

今週日本からは福嶋晃子古閑美保の2人と、昨年の日本ツアーで賞金ランキング2位に入った李知姫が出場。李は5オーバー50位。古閑は終盤チップインを決めるなど連続バーディを奪い7オーバー65位で予選を通過が見えてきた。しかし福嶋はダブルボギーを2つ叩くなど通算9オーバーで予選通過が難しい。この日は最終組がホールアウト出来ずサスペンデッドのため、予選カットが決まっていない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!