ニュース

米国女子ウェンディーズ選手権 for チルドレンの最新ゴルフニュースをお届け

先週に続いてS-Y.カンが首位発進!女王アニカ、P.クリ―マーはまずまずのスタート

オハイオ州、タータンフィールズGCで開催されている、米国女子ツアー第23戦「ウェンディーズ選手権 for チルドレン」の初日。先週「セーフウェイクラシック Presented by ペプシ」で優勝した、S-Y.カンら5人が6アンダーでトップに立つなど大混戦。さらに、1打差でカリー・ウェブ(オーストラリア)ら9人が追う展開となった。

先週の大会で勝利し、2週連続優勝を狙うS-Y.カンが、今大会の初日も素晴らしい出来だ。いきなり出だしの1番でバーディを奪うと、9番のパー5ではイーグルを決めるなど、前半で4つスコアを伸ばすことに成功。さらに、後半に入ってからも、2つのバーディを重ね、6アンダーのスコア「66」をマーク。カトリーナ・マシュー(スコットランド)ら4人と共に、トップタイの好スタートとなった。

また、注目のポーラ・クリ―マーも5バーディ、1ボギーの4アンダーで、トップと2打差の15位タイとまずまずのポジション。ショット、パット共に本来の切れ味を見せており、明日以降の上位進出に期待が持てる。

もう一人、忘れてはならない米国女子ツアーの女王、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)も、前半のインコースでは、イーブンパーと、やや伸び悩んだものの、後半に入って3バーディと追い上げ、トップと3打差の27位タイでホールアウト。ナンバー1の実力者が、徐々に調子を上げてきている。

最後に日本の東尾理子だが、2バーディ、1ボギーの1アンダー、スコア「71」をマークし、48位タイで競技を終えている。明日もスコアを伸ばし、予選通過を果たしたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ウェンディーズ選手権 for チルドレン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。