ニュース

米国女子コロナモレリアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 コロナモレリアチャンピオンシップ
期間:04/21〜04/24 トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

C.コークが単独首位へ!東尾は決勝ラウンド進出

メキシコにあるトレスマリアスレシデンシャルゴルフクラブで行われている、米国女子ツアー第6戦「コロナモレリアチャンピオンシップ」の2日目。

大会2日目、首位奪取に成功したのはカリン・コーク(スウェーデン)。出だしの1番パー4でチップインイーグルを決めたコークは、その後もスコアをまとめ、第2ラウンドをスコア「69」で周った。2位以下に3打差のリードを奪い、決勝ラウンドに臨む。

また、単独2位に浮上したのは、先週「LPGA武富士クラシック」で4年ぶりの優勝を果たしたウェンディ・ウォード。後半一気に5つのバーディをたたみかけ、コークと同じくスコア「69」でホールアウト。10位タイからジャンプアップした。

一方、首位スタートのナタリー・ガルビスは、スコアを3つ落として通算3アンダーの3位タイに後退。初日2アンダー発進の期待のルーキー、ポーラ・クリーマーも、この日5つスコアを落として通算3オーバーの33位タイに順位を下げた。

そのほか地元ファンの期待がかかるロレーナ・オチョア(メキシコ)は、1つスコアを伸ばし通算イーブンパーの10位タイに浮上した。日本の東尾理子は、この日5つスコアを落とす波乱の展開が続き、通算6オーバーの52位タイでホールアウト。なんとか決勝ラウンドに駒を進めた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 コロナモレリアチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。