ニュース

米国女子全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全英女子オープン
期間:08/03〜08/06 ロイヤルリザム&St. Annes(イングランド)

S.スタインハワーがメジャー2勝目を飾る!宮里藍がチャージを見せ単独9位!!

イングランドにあるロイヤルリザム&St.Annesで開催されている、女子メジャー第4戦「全英女子オープン」の最終日。7アンダーの単独首位からスタートしたシェリー・スタインハウアーがそのまま逃げ切り、通算7アンダーで今大会3勝目、メジャー2勝目を飾った。

4番でバーディを奪取したスタインハワーは、その後もパーセーブを続ける安定したプレーで折り返す。後半に入って雨が降り始めるコンディションの中も安定したプレーを見せ、最終18番ではボギーとしたものの、この日をイーブンパー。通算7アンダーでフィニッシュし、今季メジャー最終戦を制した。

2位タイには、クリスティ・カーとソフィー・グフタフソンが通算4アンダー。続く4位タイには、2位タイからスタートしたロレーナ・オチョア(メキシコ)が、1つスコアを落とし通算3オーバーで、予選ラウンドで首位に立っていたベテランのジュリー・インクスターと並んでいる。

一方注目選手では、ミシェル・ウィが通算6オーバーの26位タイ。ポーラ・クリーマーは通算4オーバーの22位タイで終えている。また、女王アニカ・ソレンスタムは、この日大きく崩れ7つスコアを落としてしまい、通算7オーバー。31位タイまで順位を下げてフィニッシュした。

日本人勢では、宮里藍がこの日5つスコアを伸ばすチャージを見せ、通算イーブンパーまでスコアを戻し、単独9位とベスト10フィニッシュを遂げ、来季の出場権を手に入れた。

また、横峯さくらもこの日1つスコアを伸ばし、通算3オーバー。惜しくも15位以内の来季出場権は獲得できなかったものの、16位タイの大健闘を見せた。その他、不動裕理は、この日7つスコアを落としてしまい、通算9オーバーの42位タイ。天沼知恵子は通算10オーバーの45位タイに終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。