ニュース

米国女子マクドナルドLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ
期間:06/08〜06/11 場所:ブルロックGC(メリーランド州)

朴セリが2年ぶりの優勝でメジャー5勝目!宮里藍は自己最高の3位タイ

メリーランド州にあるブルロックGCで行われている、米国女子ツアー第13戦「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」の最終日。優勝の行方は通算8アンダーで並んだ朴セリ(韓国)とカリー・ウェブ(オーストラリア)によるプレーオフに。1ホール目で朴セリがバーディを決め、メジャー通算5勝目を飾った。

6位タイからスタートの朴セリは、2番でボギーを叩くも、続く3番から連続バーディを奪取。その後5番で再びボギーというように、出入りの激しい展開が続いた。しかし15番から連続バーディを奪取し、単独首位で迎えた18番。パーオンに成功するも3パットのボギーを叩いてしまい、通算8アンダーでフィニッシュ。先に通算8アンダーでホールアウトしていたウェブと並びプレーオフとなった。決着がついたのは1ホール目、朴セリの放った2打目が、あわやチップインイーグルのスーパーショットとなり、2年ぶりの勝利を呼び込んだ。

<< 下に続く >>

最終日最終組として優勝の期待が集まった宮里藍は、バーディが先行したものの7番で痛恨のダブルボギーを叩いてしまう。しかしその後巻き返しを見せ、優勝に望みを繋いだものの17番でボギーとしてしまい、18番でバーディを奪うも1打及ばず通算7アンダーでホールアウト。それでも米国女子ツアー参戦後、自己最高の3位タイに終わった。

5位タイには、ミッシェル・ウィパット・ハーストらが、通算6アンダーでフィニッシュ。また、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、女王としての意地を見せ、通算5アンダーの9位タイ。日本の不動裕理は、この日イーブンパーでまわり、通算2アンダーの20位タイに終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!