ニュース

米国女子女子ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 女子ワールドカップ
期間:01/20〜01/22 場所:ゲーリープレーヤーCC(南アフリカ)

藍、さくら苦戦。順位は上げるもトップと13打差!

南アフリカのサンシティ、ゲーリープレーヤーGCで開催中の国別対抗戦「第2回ワールドカップ女子ゴルフ」。2日目は1つのボールを交互にプレーするフォアサムが行われた。

初日最下位から巻き返しを狙った宮里藍横峯さくらの日本チームは、この日も調子が戻らなかった。2番で幸先の良いバーディを奪ったものの、3番で痛恨のダブルボギー。その後もコンビネーションがかみ合わずトータル3オーバー。最下位からは脱出できたものの14位タイと低迷している。

<< 下に続く >>

日本の連覇は非常に厳しい状況となった。世界最強のアニカ・ソレンスタムとメジャー優勝経験のあるリサロッテ・ノイマンがタッグを組むスウェーデンチームは10アンダーでトップを独走。そのスコア差は13だ。

最終日は2人のスコアがともに記録されるストロークプレー。チームとして大きくスコアアップするチャンスは残されている。ホールアウト後「1日くらいはアンダーで回りたい」と明日への意気込みを述べた宮里藍。ディフェンディングチャンピオンとして意地を見せたいところだ。

トップのスウェーデンを3打差の7アンダーで追うのが宋ボベミーナ・リーの韓国チーム。さらに6アンダーの3位タイにはコロンビア、フィンランドがつけている。なお、スウェーデンと並び優勝候補の筆頭に挙げられていたポーラ・クリーマーナタリー・ガルビスのアメリカチームは、スコアを3つ落としてしまいトータル1アンダー。7位タイと順位を下げている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 女子ワールドカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!