ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

マークセンが2年連続賞金王 逆転で今季4勝目

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 最終日(4日)◇ザ・カントリークラブジャパン(千葉)◇7174yd(パー72)

2日目の猛チャージで首位と1打差2位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、通算11アンダーで逆転優勝。今季シニアツアー4勝目を挙げ、最終戦を待たず2年連続での賞金王戴冠を決めた。

通算9アンダー2位に単独首位で出た崎山武志。通算7アンダー3位に室田淳グレゴリー・マイヤー(米国)が続いた。

倉本昌弘は9番でイーグルを奪うなど「71」として、通算5アンダー5位。前週までに賞金ランキング2位としていた米山剛は通算1アンダー19位、前年覇者の田村尚之は通算2オーバー33位でフィニッシュした。

【最終成績】
優勝/-11/プラヤド・マークセン
2/-9/崎山武志
3T/-7/室田淳グレゴリー・マイヤー
5T/-5/汪徳昌ピーター・ファウラー、金子清重、東聡清水洋一高橋勝成倉本昌弘寺西明

19T/-1/米山剛
33T/+2/田村尚之

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。