ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

49歳でプロ転向・田村尚之がツアー初勝利 マークセンが賞金王戴冠

2016/11/05 18:27

◇国内シニア◇富士フイルムシニアチャンピオンシップ 最終日(5日)◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉)◇

首位と6打差の7位タイから出た田村尚之が「68」をマークし、通算6アンダーとして逆転でシニアツアー初優勝を飾った。

田村はかつてトップアマのサラリーマンゴルファーとして活躍。「日本ミッドアマチュア選手権」2連覇、2007年「日本アマチュア選手権」準優勝などの経歴をひっさげ、2013年に49歳でプロ転向した。シニアツアー3年目にして、悲願のプロ初タイトルを獲得した。

2週前に肋軟骨を骨折し、復帰を目指す中での優勝に「まだ正直、実感がない。本当にうれしいです」と驚きの表情。広島県出身で「今年は広島にオバマ米大統領が来て、カープも勝って、“広島イヤー”なので勝ちたいと思ってやっていた」という。「シニアでプロになってよかった。50歳を過ぎて新しいステージに立てたのは本当にうれしい。今はプロゴルファーの名刺、所属先の名刺と会社の名刺を持っています。普段も会社に行って、作業着を着てますよ」と異色のキャリアで咲かせた大きな花を誇らしげに語った。

賞金ランキングトップを走り、今季5勝目を狙ったプラヤド・マークセン(タイ)は「75」とスコアを落とし、通算5アンダー。秋葉真一と並び2位タイに終わったものの、賞金ランキングで2位の崎山武志に約2769万円差をつけ、シーズン3試合を残して初の賞金王戴冠を決めた。

ルーキーイヤーでぶっちぎりでのタイトル獲得に「初めての年で賞金王になれたのでうれしいです」と笑顔。「シニアツアーとレギュラーツアーはどちらも同じくらい大切なので、時間があるときは出来るだけ出たい。どちらかが大事ということはないです」と今後も各ツアーを掛け持つつもりだ。

日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長で主催の富士フイルムと契約を結ぶ青木功は「84」で通算22オーバー67位。大会は歴代最多の3日間累計1万1328人が来場した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。