ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

白浜とD.ラッセルが首位! 逆転賞金王を狙う室田は4打差

◇国内シニアツアー最終戦◇富士フイルムシニアチャンピオンシップ初日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン (千葉)◇6,994ヤード(パー72)◇曇り◇ギャラリー数3446人

全8試合で実施されてきた2011年の国内シニアツアーもいよいよ最終戦。その初日、ともに6バーディ、1ボギーの「67」で回った白浜育男デビッド・ラッセル(イングランド)が、5アンダーで首位に並んだ。

4アンダーの3位タイに萩原浩一と冨永浩の2人。大会連覇を狙う芹澤信雄は2アンダーの11位タイにつけている。賞金ランクトップを走るキム・ジョンドク(韓国)も2アンダーでホールアウト。キムを約1,400万円差の同2位で追い、逆転賞金王には優勝が最低条件となる室田淳は、1アンダーの20位タイとまずまずの位置で終えている。

<首位タイの白浜育男「今日は自信に繋がったかな」>
「日本プロシニア」、「日本シニアオープン」とオーバーパーのラウンドで「自信を無くしていた」と話す白浜だが、「出ても2アンダー、3アンダーだと思っていたから、5アンダーはご褒美」と初日首位に並ぶ好スタートを切った。「今日は落ち着いて修正点を考えながらゴルフができたし、ここ数戦いいスタートをきれていなかったので、今日は自信にも繋がったかな」と安堵。「3日間競技での5つ(アンダー)は大きいので、明日もしっかり頑張ります」と今季2勝目を目指す。

<欧州から参戦!デビッド・ラッセルが首位タイに並ぶ>
白浜と首位に並ぶラッセルは、昨年の欧州シニアツアー賞金ランク上位10人(うち希望者3人)に付与される出場資格で日本シニアツアーに参戦。今大会が4度目(09、10年のHANDA CUP、11年日本シニアオープン)の出場だ。「今日はドライバーショットがとても良かった。ティショットがいいと、セカンドもグッドショットに繋がり、その結果バーディチャンスが多かった」とラウンドを振り返った。好位置からの発進に「まだ初日が終わったばかり、残り2日頑張って、また来年出場できるように頑張りたい」と意欲を見せた。

キム・ジョンドク、国内シニア初の韓国人賞金王なるか!?>
今季賞金王に王手をかけたキム・ジョンドク(韓国)は、前半は2つのボギーが先行する。中盤にバーディを奪ってイーブンパーに戻すと、後半は粘りのゴルフでピンチを凌いでパーを拾う。しかしこのままでは終わらないキムは首位に3打差と迫るバーディ2つを奪って11位タイでホールアウト。2位の室田は1打差の20位タイ、タイトルの行方は最終日まで目が離せない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。