ニュース

国内女子GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

初Vへ野澤真央が単独首位 渋野日向子は88位で予選落ち

◇国内女子◇GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 2日目(17日)◇イーグルポイントGC (茨城県)◇6657yd(パー72)

ツアー初優勝を目指す24歳の野澤真央が5バーディ、1ボギーの「68」でプレー。3人が並んだ首位タイから単独首位に浮上して最終日に臨む。

<< 下に続く >>

スコアを伸ばしたホールもさることながら、7mのパーパットをパターで沈めた9番(パー3)、13番の4mのボギーパットなど、ピンチでのリカバリーも光った。「我慢の後半でした。(グリーン上で)ストロークの“気持ち悪さ”が出やすいけれど、そういうのが今週はなく迎えられた」と後続を一歩リード。完全優勝のチャンスが訪れた。

昨年から青木翔コーチに師事し、ショットの引き出しを増やしている。「あしたも自分らしく楽しんでプレーすることを大切に。できれば優勝したいけれど、結果は後からだと思うので内容に集中してやっていきたいです」と静かに意気込んだ。

野澤と同じく首位から出た若林舞衣子は3バーディ「69」で回り、1打差2位。大里桃子が8バーディ「64」をマークし、イ・ミニョン(韓国)と並んで通算10アンダー3位につけた。

東京五輪代表の稲見萌寧仲宗根澄香石川明日香とともに通算9アンダー5位。前週優勝の堀琴音が通算6アンダー14位。

賞金ランキング1位で前回大会覇者の小祝さくらは通算1オーバー74位で予選落ち。国内ツアー復帰戦となった渋野日向子も3バーディ、6ボギーの「75」とスコアを落とし、通算2オーバー88位で予選落ちを喫した。

<上位成績>
1/-13/野澤真央
2/-12/若林舞衣子
3T/-10/大里桃子イ・ミニョン
5T/-9/稲見萌寧仲宗根澄香石川明日香
8T/-8/渡邉彩香濱田茉優

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!