ニュース

国内女子大東建託・いい部屋ネットレディスの最新ゴルフニュースをお届け

黄アルムが9季ぶり優勝 アマチュア安田祐香は3位

◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日(29日)◇鳴沢GC(山梨県)◇6685yd(パー72)

黄アルム(韓国)が通算14アンダーで並んだイ・ミニョン(同)をプレーオフで破り、優勝した。2009年「ヤマハレディースオープン葛城」以来、9季ぶりのツアー通算2勝目を挙げた。

3打差の首位から出た黄は「72」。3つスコアを伸ばしたイに追いつかれたが、18番(パー5)で行われたプレーオフ1ホール目にバーディを奪い、パーとしたイを下した。初勝利から2勝目までのブランク「9年115日」は、史上2番目に長い。

4打差の3位から出たアマチュアの17歳、安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)は4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「71」でプレーし、ツアールーキーの小祝さくらと並ぶ通算11アンダーの3位で終えた。

キム・ヘリム(韓国)が通算10アンダーの5位、フェービー・ヤオ(台湾)が通算9アンダーの6位。前年覇者の成田美寿々は通算4アンダーの11位タイだった。

<主な最終成績>
優勝/-14/黄アルム
2/-14/イ・ミニョン
3T/-11/小祝さくら安田祐香
5/-10/キム・ヘリム
6/-9/フェービー・ヤオ
7/-6/比嘉真美子
8T/-5/上田桃子野澤真央アン・ソンジュ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 大東建託・いい部屋ネットレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。