ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

キム・ハヌルが2週連続Vでメジャー2連勝を果たす

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ最終日(7日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6670yd(パー72)

単独首位から出たキム・ハヌル(韓国)が、5バーディ2ボギーの「69」で通算9アンダーとし、後続に3打差をつけて大会を制した。キムは2週連続優勝で今季2勝目、ツアー通算5勝目。昨季最終戦の「LPGAツアー選手権リコーカップ」に続き、公式戦(メジャー)2連勝も果たした。

1打のアドバンテージでスタートしたキムは、3番からの3連続バーディで一気に突き放すと、残りホールはスコアを伸ばしあぐねる後続を見守るかのように安定したプレーで、今季メジャー初戦の栄冠を手にした。国内女子ツアーでの2週連続優勝は、2015年のイ・ボミ(伊藤園レディス、大王製紙エリエールレディス)以来。公式戦連勝は、2014年のテレサ・ルー(日本女子オープン、LPGAツアー選手権リコーカップ)以来。

最終18番はボギーとしたが、1mのウィニングパットを決めると、笑顔で両手をあげた。

2位は通算6アンダーで前年覇者のレキシー・トンプソンと、コ・ジンヨン(韓国)。通算5アンダーの4位にツアー初優勝を目指した川岸史果。川岸とトンプソンは1打差を追って出たが、トンプソンが2番のダブルボギーでつまずき、川岸もスコアが一進一退となってキムの逃げ切りを許した。5バーディ1ボギーの「68」で最終日を締めくくった上田桃子が通算3アンダーの5位に入った。

スポット参戦の宮里藍は通算1オーバーの14位フィニッシュ。今季未勝利の2年連続賞金女王イ・ボミ(韓国)はこの日も不発で通算4オーバー29位。今大会が日本初出場で話題を振りまいたアン・シネ(韓国)は通算6オーバーの41位で大会を終えた。

【主な選手の成績】
1/-10/キム・ハヌル
2T/-6/レキシー・トンプソンコ・ジンヨン
4/-5/川岸史果
5/-3/上田桃子
6/-2/サイ・ペイイン
7/-1/イ・ミニョン
8T/0/服部真夕木村彩子ささきしょうこ下川めぐみ大江香織柏原明日架
14T/+1/宮里藍 ほか

26T/+3/金田久美子 ほか
29T/+4/イ・ボミ ほか
32T/+5/青山加織 ほか
41T/+6/アン・シネ香妻琴乃藤田光里 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。