ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

泣き出しそう…いまだ勝ち星のないイ・ボミ「どうしたらいいか、分からない」

2017/05/07 17:50


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(7日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6670yd(パー72)

4日間を終えて通算4オーバーの29位。今季7戦に出場して、トップ10入りがわずかに2戦と、2年連続の賞金女王イ・ボミ(韓国)の不振が続いている。最大の原因は「どうしたらいいか、わたしにも分からない」と嘆くアイアンショットだ。

「最後も9Iで打ったけど乗らなくて…。ショックがどんどんプラス、プラスになって、プレーするときも心配というか…。なにをしたらいいか、悩みながらプレーしたので難しかった」と、いまにも泣き出しそうな表情。今週4日間のパーオン率は、47.2%に低迷した。

「バックスイングでクラブの重さを分からないのが一番ダメ。練習場ではよいショットが打てるけど、コースでは自分自身を信じられなくなる」。なんとか作っている弱々しい笑顔が、何かにすがるような表情にも見えてくる。コース内でいくつか試行錯誤しているというが、「気にしすぎて、ボールをうまくキャッチできない。いままでゴルフをしてきて、そんなにたくさん(チェックポイントを)意識して打ったことがない」と肩を落とした。

「1Wはアッパーブローで打つから気持ち悪いことはない。アイアンはダウンブローに打てなくて、打ちたくてもミスショットをしてしまう。ちょっとだけのミスでも、それがすごく大きく感じる。18ホールが長く感じます…」と大きく息を吐き出した。

次週は、よりシャフトが走るアイアンを打つことを考えているという。答えを導き出そうと懸命だ。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。