ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

キム・ヘリムが暫定首位 畑岡奈紗は3アンダーで日没順延

◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(28日)◇我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)◇6706yd(パー72)

激しい降雨によるコースコンディション不良のため、2時間45分遅れてスタート。午後組の選手がホールアウトできない中、午後5時に日没順延が決定した。

7月の「サマンサタバサレディス」で、日本ツアー初出場・初優勝を挙げたキム・ヘリム(韓国)が7バーディ、ボギーなしの「65」でプレーして、7アンダー暫定首位でスタートした。

“狙った獲物は逃がさない”。「サマンサ-」では、海外メジャーの裏開催で薄くなったフィールドを狙い撃ちして勝利した。そのときはメンバー登録していなかったため、出場資格は翌年大会までの1年間。今季は今週を含めて残り6戦に出場し、賞金シード獲得を目論んでいる。もし今週勝てば、一気に3年シードを得られる。

「きょうのラウンドは90点。少しティショットが左にいったところがある」と、週末に向けた修正点も明確だ。

1打差の6アンダー暫定2位にツアー未勝利の柏原明日架。5アンダー3位に申ジエ(韓国)、松森彩夏下川めぐみ、アマチュアの平岡瑠依(17=大阪学芸高3年)の4人が並んだ。

賞金ランキング首位のキム・ハヌル(韓国)は3バーディ、ボギーなしの「69」でプレーして、3アンダー13位。前年覇者の畑岡奈紗は10ホールを終えて、3アンダーとした。2015年大会覇者のチョン・インジ(韓国)は同じく10ホールを終え、1アンダー。

第1ラウンドの未消化ホールは29日午前6時45分から順次再開の予定。

【暫定成績】
1/-7/キム・ヘリム
2/-6/柏原明日架
3T/-5/申ジエ松森彩夏下川めぐみ平岡瑠依(アマ)
7T/-4/葭葉ルミイ・ナリチェ・ヘジン三ヶ島かな菊地絵理香

13T/-3/キム・ハヌル畑岡奈紗 ほか
32T/-1/勝みなみチョン・インジ ほか
48T/E/イ・ボミ成田美寿々堀琴音 ほか
64T/+1/横峯さくら ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。