ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

急きょ出場の17歳アマチュア平岡瑠依が暫定3位

2017/09/28 18:05


◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(28日)◇我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)◇6706yd(パー72)

初めての「日本女子オープン」出場が決まったのは、4日前の日曜夜のこと。「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で、大会有資格者(前年優勝者)の畑岡奈紗が勝ったことで、繰り上がり出場が決定した。大阪学芸高3年の17歳アマチュア・平岡瑠依の現地入りは火曜日。練習ラウンドはわずかに1回だったが、5アンダー暫定3位で発進した。

<< 下に続く >>

最近までゴルフの調子はあまり良くなかったが、「きのうの練習でアドレスの向きを修正したら良くなって、ちょっとびっくりしています」とはにかんだ。この日は5バーディを奪って、ノーボギー。「もっとバーディは獲れたと思うけど、ノーボギーなのは良かった」とうなずいた。

これまでプロの試合に出場したのは、今年の「ニチレイレディス」と、下部ステップアップツアー2回の計3度だけ。ステップ出場時には「テレビで観て、サバサバして良い人だと思っていた」という48歳の大ベテラン・鬼沢信子と同組になり、ファンになった。「バーディパットが惜しくも外れたら『カップが動いたな』って言ってくれた。あと『もうちょっと大きい声で返事せいや』とも言われた」と笑う。厳しい言葉にも愛を感じた。

昨年、米カリフォルニア州で開催された「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」に出場して、1学年上の畑岡に次いで2位となった。畑岡はその後「日本女子オープン」をアマチュア制覇。その様子をテレビで観ていた平岡は「うまいなぁ。すごいなぁ」と目を丸くした。「自分も頑張ったら上位には行けるかなとは思いました」と、ナショナルオープンのタイトルも少しだけ身近に感じた。

瑠依という名前の由来は、元サッカー日本代表のラモス瑠偉さん。「お父さんは野球をやっていたのだけど…」と首をひねったが、父・渉さん(38歳)はラモスさんの“大和魂”に惹かれたようだ。今年もアマチュアが台風の目となるだろうか?(千葉県我孫子市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!