ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

我孫子メンバーにコース攻略教わる 葭葉ルミ「ピンチなかった」

2017/09/28 18:50


◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日(28日)◇我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)◇6706yd(パー72)

「コースは短いですね」とあっさり言うのは、現在ツアーで平均飛距離1位を誇る葭葉ルミだ。「ティショットで飛距離が出て、ジャッジも良かったし、ほとんどチャンスにつけられた」と、ノーボギーの4アンダー「68」で回って首位と3打差の暫定7位で初日を終えた。

<< 下に続く >>

今年2月と4週間前の火曜日にここで練習ラウンドを行った。一緒に回ったのは、ウェア契約を結ぶナイキと縁のある片山康プロ(69歳)。長年、我孫子GCのメンバーであり、コースを隅々まで知り尽くしている人物だ。

片山プロは「ここのグリーンは、ピンと反対側を狙うことが大切」という。アンジュレーションのあるグリーンは、ほとんど中央が低いすり鉢状になっており、ショートサイドに外すと寄せることは難しいが、ピンの反対サイドにつければ、容易な上りのパットを残すことができる。

「その言葉通りにやりました。比較的ピンチもなかったし、のびのびノンプレッシャーで回れました」と、初のメジャータイトルへ向けて軽快な第一歩を踏み出した。「きょうはバーディパットもクルンって入るのが多かった。ラッキーでしたね」と笑った。

週初めに趣味のバス釣りに出掛けた。会場近隣の手賀沼にはポイントを見つけられなかったが、約10km離れた利根川で30cmほどのスモールマウスバスを釣り上げた。「(釣りは)1時間くらいですけどね。引きが強かったし、良いリフレッシュになりました」と得意顔。日曜日にはより大きな獲物が待っているかも?(千葉県我孫子市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!