ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミが大会連覇で日本ツアー20勝目 「応援がうれしい」と涙

◇国内女子◇伊藤園レディス 最終日(13日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6639yd(パー72)

賞金ランク1位のイ・ボミ(韓国)と同3位の笠りつ子が、通算10アンダーの首位に並んでホールアウト。18番の繰り返しによるプレーオフにもつれこみ、2ホール目に約3mのバーディパットを決めたイが今季5勝目を飾り、国内ツアー通算勝利数を節目の20勝目に到達させた。大会連覇で、2年連続の賞金女王へ大きく前進した、

イと笠の2人によるプレーオフは3回目。これまで笠が2戦2勝(2015年「アクサレディス」、16年「ニトリレディス」)していただけに、イは優勝インタビューで「これまで2回負けていたから勝ちたかった」と笑顔を弾かせた。表彰式では「20勝よりうれしいのは、みんなが私の名前を呼んで応援してくれること」と涙ぐんだ。

通算9アンダーの3位に服部真夕。通算8アンダーの4位に、西山ゆかり原江里菜、賞金ランク2位の申ジエ(韓国)が続いた。3打差の単独首位から出た武尾咲希は「75」と崩れ、通算7アンダーの7位タイ。ツアー初優勝はならなかった。

今週が国内プロデビューとなった畑岡奈紗は20位からスタート。3バーディ、4ボギーの「73」と1つ落とし、通算2アンダーの26位タイで3日間を終えた。

【上位の成績】
順位/スコア/選手名
優勝/-10/イ・ボミ
2/-10/笠りつ子
3/-9/服部真夕
4T/-8/申ジエ西山ゆかり原江里菜
7T/-7/武尾咲希テレサ・ルー李知姫

26T/-2/畑岡奈紗 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。