ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

申ジエが逆転で今季初勝利 イ・ボミは3連覇逃す

◇国内女子◇ほけんの窓口レディース 最終日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6323yd(パー72)

2打差の3位から出た申ジエ(韓国)が6バーディ、2ボギー「68」でプレーし、通算10アンダーとして逆転優勝を飾った。前年の最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」以来で、今季1勝目。ツアー通算13勝目(日本開催の米ツアー「ミズノクラシック」2勝を含む)となった。

史上3人目の同一大会3連覇を狙ったイ・ボミ(韓国)は首位で出たが2バーディ、2ボギー「72」と伸ばせず、通算8アンダー。キム・ハヌル(韓国)と並び2位に終わった。生涯獲得賞金額は、アン・ソンジュの119試合目に次ぐ史上2番目の速さの137試合目で6億円を突破した。

笠りつ子フェービー・ヤオ(台湾)が、通算4アンダー4位。アマチュアの勝みなみ(鹿児島高3年)は通算3アンダーの6位で、今季初めてのトップ10入りを決めてローアマチュアに輝いた。

ギャラリーの投票によって決まる大会の「ベストスマイル賞」(30万円)と「ベストドレッサー賞」(グアム旅行)には、いずれもイ・ボミが選ばれた。

関連リンク

2016年 ほけんの窓口レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストには勝みなみプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~