ニュース

国内女子サントリーレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

“元サヤ”の藤田光里が首位浮上 ホステス宮里藍は初の予選落ち

◇国内女子◇サントリーレディスオープン 2日目◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511yd(パー72)◇

大会2日目、首位と5打差の5位から出た藤田光里が、8バーディ2ボギーの「66」をマークして通算10アンダーに伸ばし、1ストローク縮めるにとどまった初日トップの成田美寿々をとらえて、首位タイに浮上した。

藤田は今週から、前週まで職務停止処分を受けていたキャディとのタッグを復活させ、臨んでいる。

サントリー契約のホステスプロで4年ぶりに出場した宮里藍は、1バーディ5ボギーの「76」とスコアを落として通算4オーバーの66位に沈み、5月の「ワールドレディスサロンパスカップ」に続き、日本では2試合連続の予選落ちを喫した。今大会では2004年に優勝を果たしているが、9回の出場で予選落ちは初めて。

2打差、通算8アンダーの3位に笠りつ子イ・ボミ(韓国)の2選手。16歳アマチュアの新垣比菜が6バーディを重ねるノーボギープレーを見せ、通算7アンダーの5位で堀琴音フェービー・ヤオ(台湾)、ナ・ダエ(韓国)と並んだ。

アマチュアの勝みなみは2バーディ2ボギーの「72」と足踏みし、通算2オーバー52位のカットライン上で予選通過を決めた。

関連リンク

2015年 サントリーレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~