ニュース

国内女子 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

メジャー今季第2戦 快進撃のイ・ボミは前年覇者の鈴木愛と同組に

鈴木愛
昨年大会は鈴木愛が制し、同大会の最年少優勝記録を更新した【拡大写真】

国内女子ツアーのメジャー今季第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が10日から4日間に渡り、長崎県のパサージュ琴海アイランドGC で開催される。

前年大会は当時20歳の鈴木愛が2日目から首位を守りきり、ツアー初優勝をビッグタイトルで飾った。宮里藍が保持していた大会最年年少優勝記録(21歳83日/2006年大会)を更新するインパクトも重なり、スケールの大きなニューヒロインの誕生に女子ゴルフ界が沸いた。

大会連覇となれば、樋口久子が1976年、77年大会を制して以来2人目の快挙に。それを阻止すべく急先鋒に立つのは、目下賞金レース独走中のイ・ボミ(韓国)だろう。

イは前週の「ゴルフ5レディス」で今季4勝目。女子ツアー史上初となる2週連続完全優勝を達成し、6ラウンド連続で首位に立つ圧倒的な強さを示している。13年大会(恵庭CC/北海道)に続く2度目の大会制覇となれば、初の賞金女王へいよいよ勢いが止まらなくなる。

予選ラウンドでは、その鈴木とイが今季1勝の吉田弓美子とともに同組に入り、初日は午後の10番スタートとなった。賞金ランク2位のテレサ・ルーは同5位の菊地絵理香森田理香子と同組で、やはり午後の10番スタート。同3位の申ジエ服部真夕穴井詩と初日午前の10番スタートに入り、風が吹くと手ごわさが増す難コースで各日の天気にも注目したい。

【主な出場予定選手】
鈴木愛アン・ソンジュイ・ボミ上田桃子大山志保金田久美子菊地絵理香木戸愛香妻琴乃申ジエ成田美寿々西山ゆかり服部真夕原江里菜福嶋晃子藤田光里不動裕理堀琴音三塚優子森田理香子諸見里しのぶ若林舞衣子渡邉彩香


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには植竹希望プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~