ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛が大会最年少優勝へ4差首位 不動がメジャー初の予選落ち

2014/09/12 18:20

◇国内女子メジャー◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目◇美奈木ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6,645 ヤード(パー72)

難度の高いメジャーセッティングにより混戦で迎えた大会2日目、1打差2位から出た鈴木愛が5バーディノーボギーの「67」をマークして通算7アンダーとし、後続に4打差のリードをつけて、単独首位でトーナメントを折り返した。

鈴木が優勝すれば20歳128日での達成となり、宮里藍(21歳83日/06年)を抜いて大会最年少記録となる。メジャー(公式戦)では、平瀬真由美(20歳27日/89年)、宮里藍(20歳105日/05年)に次ぐ史上3番目の年少記録を更新する。

また、不動裕理が通算8オーバーの77位タイに沈み、予選落ちした。出場したメジャーで不動が予選を突破できなかったのは、初めて。

通算3アンダーの2位には、2位タイから出て1ストローク伸ばした穴井詩。通算2アンダーの3位タイには、今季メジャー初戦「サロンパスカップ」を制しメジャー2連勝に挑む成田美寿々ほか、今季3勝をマークしている申智愛、イ・ナリの韓国勢が並んでいる。

昨年覇者のイ・ボミは、通算1アンダーの6位タイから連覇を狙う。6オーバー60位タイまでの72人が決勝ラウンドに進出した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!