ニュース

国内女子大王製紙エリエール女子オープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

坂東貴代が躍進首位。芳賀は2位へ

初日首位の芳賀ゆきよはアウトで調子を崩して40。「いつも初日がいいと2日目がダメ。出だしでトリ、ボギーと打ってしまって、ああ、またいつものパターンかなと・・」半分あきらめかけていた。
しかしインで3バーディ。トータル73として踏みとどまった。首位に1打差。チャンス十分。 「この後半のバーディは明日につながります。守らず攻めていきます。そうすればシード権も見えてくると思います」と芳賀。

代わって首位に躍りでたのは坂東貴代。インに入って4バーディ。「何がよかったというわけではないんです。全体に安定してました」という坂東。いいときと悪いときの差がハッキリしているのだという。 「これまで特に2勝目を意識してはいなかったたんですが、でも明日はチャンスですよね。頑張ります」
もし勝てば今季2勝目。去年ギリギリで初シードを獲得したばかりの若手だが、今年一気に開花した。 「初優勝のときはプレッシャーに負けないようにと意識してました。でも、明日は自分のできる範囲でやりたいと思います。最終組なんかでプレーするのは優勝のとき以来です」
ふだん使っていたアクシネットのパターをマレットタイプに変えた。大正解。コーライグリーンにぴったりだという。

具玉姫もスコアを伸ばした。「できれば賞金ランク2位に入りたいです。メジャーに出場したいですし」と言う。もちろん、チャンスあり。最終日は坂東、芳賀、具玉姫が最終組。それぞれの思惑が激突する。
具玉姫に狙われている賞金ランク2位の塩谷育代はまた崩れてしまった。なんと77。本当に今シーズン後半の塩谷はどうしてしまったんだろう。無残なほどです。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 大王製紙エリエール女子オープンゴルフ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!