ニュース

国内女子樋口久子・紀文クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

不動は後退、具玉姫が抜け出す

風速5メートル。けっこう吹いた。前日首位の若い不動裕理。アウトは1バーディとまずまずだったが、インに入って13番14番を連続ボギー。あがり18番では50センチを外してのボギーだめ押し。 「18番は自分の不注意です。お先にをやって外してしまった。またやっちゃった!という感じ。いままでも何回かやってるんです」

2打の後退となったが「自分としては悪いゴルフではなかったと思ってます。気持ちは焦っていません」と不動。最終組の緊張感の中でのプレー。慣れていないことなのだから「打ってしまっても当たり前と思ってます」と、去年プロ入りの21歳はあんがい冷静だ。

首位に立ったのは41歳の大ベテラン、具玉姫。4バーディ、3ボギー。上がったり下がったりしながら結局1つ沈めた。「風は気にしてもしようがない。打たなきゃいけないんですから。風で距離カンが合わなかったし、昨日よりグリーンが速くなったし、選手はみんな苦しんだんじゃないですか」と具。

福嶋晃子も「今日は難しかったです。グリーンが速くて最初のうちは戸惑いました」とダボ入りの74。「アンダーで残れたことはよしとしなきゃいけないんでしょうけど、なんか乗り切れない気持ちが自分の中にあって・・気分転換でもしたほうがいいのかな」
別に特に原因はないのだという。最終日はやはり調子の出ないアニカ・ソレンスタムと同じ組で、最終組の一つ前をプレーする。

塩谷育代はやはり本調子ではなかったのか。40-39の79と崩れて大きく後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 樋口久子・紀文クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!