ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋、首位キープ。吉川、久保が追う

今日の福嶋晃子はあまり冴えなかった。2番でボギー。4番ロングでバーディ。それっきり。「パーをセーブするほうに気持ちがいってしまった。安全にいってしまった」と少し反省。
ドライバーは2ホールしか使っておらず、あとはほとんど2番から4番アイアンでティショット。気温が下がってきて体の回転が鈍くなってきた。「18番ロングもそれでドライバーは使いませんでした。昨日と同じようなゴルフだったんですが、スコアに繋がらなかったんで、あまり楽しい1日じゃありませんでした」という。

吉川なよ子は5バーディ、1ボギーの68。「パットがこれだけ入ったら上出来。きのう友達にパットをレッスンしてもらったのがよかった」とか。永久シード権の持ち主だが「制度は制度。1勝は1勝。現役なんだから勝ち星を増やしたいわよ」と意欲を燃やす。

久保樹乃はパープレー。「良くなかった。バーディチャンスもなかったし、5メートル以内のパットが3つか4つは外れたし。入ったのは10メートルが2つだけ」と満足はしていないが、結果的に順位を上げた。首位に1打差。

岡本綾子も急上昇。今年は1勝を上げて復活!という雰囲気だったのだが、それからまた鎮静していた。インコースでバーディ3つ。「今日は集中できた。昨日よりアイアンの読みが深くなったという感じかな」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!