ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

福嶋晃子、今日もアンダーで2位に4打差

1997/09/13 18:00


プレーを見ている限りは絶好調という感じはしない。しかし着実にバーディ。乗っているとスピード感の感じられない高性能外車のようなものなのだろうか。エンジンそのものが違う? 3日目は6バーディ、3ボギーとして福嶋晃子が2位との差を拡げた。

「午前中、あまりよ良くなかったんですけど、午後からは短く握って振るようにしたら安定してきました」という福嶋。スコアそのものは午前が34。午後は36。問題は結果ではなく、ショットに対する信頼感なのだろう。短く握ればシャープに振れるし、きちんと当たれば飛距離も落ちない。連続ボギーとしたあとの7番からそれに気がついて、すぐ8番9番10番は連続バーディ。簡単に切り変わってしまうところがすごい。
「ボギーが出るコースなので、いくつ差があっても安心はできません。明日は同じところからスタートする気持ちでやります」という。

ホールアウト後のインタビューで「今日のゴルフは何点?」と聞かれることがこのところ多い。プレーしながら「あ、ボギー、40点だ。バーディが来たからこれで70点とか、考えてました」という。千葉県のコースで開催された試合では上空を飛来する飛行機をすべて見ていたと話していたこともある。長いラウンド時間、いろんなことを考えながらプレーしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!