ニュース

国内女子三越カップレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋、鬼門のプレーオフ? 山岡が優勝

1997/04/20 18:00


新井敬子が「届くと確信した」9番アイアンがわずかに距離が足りず、7を叩いて自滅した池越え17番ショート。山岡はうまくピンに付けてバーディとして8アンダ ー。33.36と追い込んできた昨年の賞金女王・福嶋晃子とならび、46歳と23歳のプレーオフとなった。

しかし勝負はあっけなく決まった。プレーオフ1ホール目、福嶋が打った1メートル弱のパットはクルリとカップを回った。「またか..という感じ。絶対にプレーオフだけはいやだと思ってた、その気持ちがパットに伝わってしまった。ダメですね」と福嶋。

主婦になってからプロ入りした山岡はこれで生涯3度目、3年ぶりの優勝。ついガッツポーズが出てしまった。「どうせ勝つのはアッコちゃんだろうと思って気楽にやっていたのがよかった。なんとかシード権くらいは確保できるかなと淡々とプレーしていたんですけど。研修生の娘に優勝シーンを初めて見せてあげられました」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 三越カップレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!