ニュース

国内女子JLPGA 明治乳業カップの最新ゴルフニュースをお届け

具玉姫はイーブンでスタート!

いよいよ女子トーナメントも今大会が最後。出場資格が与えられるのは前週の賞金ランキング上位者(60位まで)のみ。賞金女王争いにかかわる最終決戦、今年は村口と具玉姫の闘いが注目されているが、現在ランキング50位前後の選手たちの頑張りも見ものだ。泣いても笑ってもこの大会で決まるシード権。守る方も攻める方も当然必死だ。賞金総額6000万円の公式戦。勝てば5年シードもついてくる。

初日をリードしたのは藤井かすみ。2位以下に3打差をつけての単独トップに立った。今年はランキング33位と安全圏にいるものの、昨年ランキング51位とあと一歩の所でシード権を逃している。2位には山田かよ・西田智慧子・岡田美智子ベテラン勢が続き、6位には今年ラストスパートを掛ける肥後かおり不動裕理ら5人。

6バーディ、ボギーなしと好調なスタートを切った藤井かすみは自己ベストの66が出た。今日は5メートルほどのバーディが面白いように決まり、プレッシャーも感じずに済んだ。「いつも入れたい気持ちが先になってしまうんですけど、今日は気持ちを押さえ、ただ単に狙ったところへ打ち込んだだけ。自分の何が変わって良くなったのか判りません」 優勝は意識していないがランキングをもっと上げたいという。何とか今回のチャンスを活かしたいところだ。

先週4年ぶりの優勝を決めた平瀬真由美は1アンダー11位。具玉姫はパープレー15位からのスタートとした。

村口史子は1バーディ、3ボギー、1ダブルボギーとし4オーバー41位と大きく出遅れた。前半は9番ホールで第2打をOB。このホールをダブルボギーとし、ハーフで39を叩いてしまった。17番で何とかバーディで1つ戻すことができたが「OBのあとは気持ちを変えて後半頑張ればいいとおもったんですが、パットのイメージが食い違い過ぎましたね」
今日は具玉姫より不動裕理のゴルフが気になるという。「不動さんのゴルフに圧倒されました。明日は集中して1つでも戻すように努力します!」

関連リンク

1999年 JLPGA 明治乳業カップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~